ニュース

日本物理学会 第72回年次大会

日程: 2017年3月17日から3月20日、会場: 大阪大学(豊中キャンパス)

  • 講演 "繰り込み群とテンソルネットワーク" 18pB11-3、
    領域11、領域3、素粒子論領域合同シンポジウム
    「テンソルネットワーク法とその可能性」
  • (共同研究者 伊井海生 発表)講演 "非平衡系のための数値的手法の開発" 19pK-PS-50
  • (共同研究者 佐藤龍己 発表)講演 "有向浸透現象の数値的手法の開発" 19pS-PS-27
  • (共同研究者 正木晶子 発表)講演 "並列化量子モンテカルロ法によるrelevant fieldを含む有限サイズスケーリング" 20aB11-7

  • Title: "General Entanglement Branching in a Tensor Network" (invited)
  • Date of presentation: 14th Dec. 2016.
  • Conference: Fourth Workshop on Tensor Network States: Algorithms and Applications
  • Conference dates: From 12th Dec. 2016 to 15th Dec. 2016.
  • Venue: National Center for Theoretical Sciences, Hsinchu, Taiwan
  • URL:http://www.phys.cts.nthu.edu.tw/actnews/index.php?Sn=318

9月13日から9月16日、

  • 講演 "SU(N)一般化ハイゼンベルグモデルの量子相転移:Conformal bootstrap法の結果との比較、SO(5)対称性の検証" 13aAF-9
日本物理学会 2016年秋季大会、金沢大学(角間キャンパス)。

ポスト「京」萌芽課題
基礎科学の挑戦ー
複合・マルチスケール問題を通した極限の探求
キックオフミーティングに参加。

2016年度の京都大学オープンキャンパスで、研究室紹介を2回行う。テーマは、 "シミュレーションの最先端+スパコン「京」"。主に、スパコン「京」で行っ ている大規模シミュレーションを紹介する予定。

第1回ポスト「京」重点課題(7)研究会 「次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創成」にて、ポスター発表(7月21日)。

量子多体問題におけるテンソルネットワークとその計算手法に関する滞在型国際ワークショップTNQMP2016にて、シンポジウム講演(6/27)を行い、ワークショップでの講義や議論に参加した。

  • 日程:2016年6月27日(月) ~ 2016年7月15日(金)(3週間)
  • 開催場所:東京大学物性研究所 (〒277−8581 柏市柏の葉5−1−5)
  • URL:http://www.issp.u-tokyo.ac.jp/public/tnqmp2016/

平成29年度入学の大学院入試に関する説明会が開催されます。 詳しくはこのページを参照して下さい。 志望区分として「計算物理学」を選択する場合は相談していただけると幸いです。

物性研究所スパコン共同利用・CCMS合同研究会「計算物質科学の今と未来」にてポスター発表。

ベイズ推定を用いたスケーリング解析ツール

臨界現象のスケーリング解析にベイズ推定の手法を導入した新しいアルゴリズムの実装。

Demo Learn More

オンラインで学ぶモンテカルロ法

モンテカルロ法(マルコフ過程を用いた手法も含む)の基本的な事柄についての解説。

Learn More

インタビュー記事

量子臨界現象研究の面白さを説明しています: 「物質の中に宇宙が見えてくる(スケールを超える臨界現象を探す)」 (理化学研究所 計算科学研究機構 広報誌「計算科学の世界」に掲載)

研究紹介

量子シミュレータ構築に関する研究と量子物性の理論的研究を行っています。以下は量子シミュレータに用いられる代表的手法に関する解説文です。

参加プロジェクト